北海道旭川いいべえニューズ

「eBe北海道旭川いいべえニューズ舎」がおおくりする旭川、道北、北海道のあらゆる「新享楽」追求の情報ページ。と、これまで書いていたけどやっぱり自慢話、そして、趣味を通した人生点描かな!?(平成18年1月21日創刊)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

ヤケ食いした後は「Yahoo!Cafe」へ ― 東京セレクション(2)

***** 今夜もケニーGを聞きながら、もったりとして ******


 北品川の鴨料理「呂尚」(東京都品川区北品川2-19-3 TEL03-3472-9682)で勘定を払い、ぷらぷら夜道を遠回りして帰ることにしました。サクセス通りから山手通りに進み途中、魚屋さんに品川駅までの道案内を伺い、山手通りを左折して真っ直ぐ歩いて駅に着きました。2キロ少しは歩いたと思います。

北品川界隈徘徊路
 東京の夜道は明るいですね。北品川界隈の徘徊路は上図の青い順路になります。
 青の丸いところが「呂尚」です。

ホテル内大衆居酒屋「ななかまど」 御椀にネギも盛り沢山の鴨汁、炙った鴨肉や刺身などで結構腹いっぱいになったにもかかわらず、負けた腹いせをしたくなったのかもしれません。食い足りなかったのかもしれません。

 ヤケ喰いに走りました。


ななかまど エグゼブティブタワー1階にある和食処「ななかまど」へ躊躇することもなく行きました。
 温泉の大広間か大衆居酒屋風な感じがして、ここならいいわとなります。卵焼き、雑炊、串揚げなどを熱燗と一緒にやったのでした。尚、旭川の地酒「男山」が置いてあったので感心したのですが、こちらでも大衆向けの存在だったんですね。ただ、値段は旭川の三割高でした。東京だからしょうがないのかもしれません。

 
 部屋にもどり狭い風呂に入りました。今日は心身ともに疲れた。

 風呂から上がり、ビールを飲みながら今日撮ったラグビーの試合の写真をパソコンに取り入れ、ざっと眺めるのですが、全然気持ちが乗らないんです。何か溜息だけがフー・・・。
 小雪さんは疲れたと言って先に寝てしまいました。自分はノートパソコンで早稲田フィフティーンの姿を一つ一つ見入り、また、フー・・・。

 ネットの環境を持ち合わせていないので、品川プリンスホテル群のエグゼブティブタワー7階にある「Yahoo!Cafe」に写真を持ち込み、そこからいつものブログに記事をエントリーしようと思いました。まるで職業意識のようにそうしました。
 どのような媒体でデータを持ち込むのがいいのか、内戦電話で「Yahoo!Cafe」に聞くと、USBメモリーのみOKとのこと。旭川から持ち忘れてきたので、一階にあるコンビニにいくとSanDiskの512MGのものが5000円で売っていたので購入し、そのメモリーに二枚だけ写真を入れて「Yahoo!Cafe」に向かいました。部屋から連絡通路-温泉で言えばの渡り廊下ーを使って約5分で着きました。

Yahoo!Cafe

 入口そばの受付で身分証明書になる保険証を提示し、申込書に記入し、飲み物(アルコール類はなし。使用料として必ず飲み物は一品オーダーしなければなりません)を頼んで、案内された場所に座りました。僕は500円のアイスコーヒーを注文しました。

 窓際に十数台の古いノート型PCが置いてあります。雰囲気と不釣合いな、キーボードの印字もすれて見えない古い感じのするパソコンで、これも驚きでした。

 静かなところでした。外人が半分以上いました。皆カチャカチャ、カチカチしています。へんてこりんな気分になってきます。何をやっているのかわかりませんが、こちらのような気持ちで臨んでいる人は多分誰もいないと思いました。

 失意と眠気と格闘して記事をなんとかエントリーできました。
 この時、ー義務を果たしたーそんな気持ちになりました。今にして思えば自己満足だったと思います。

 それから部屋に戻って寝たのは翌14日の午前1時を過ぎていました。尚この時、小雪さんはこの世に非ずの恰好と大きな寝息をたて、ぐっすり寝ていました。
スポンサーサイト

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

鴨料理屋「呂尚(りょしょう)」(北品川) - 東京セレクション

***** ケニーGを聞きながら、まったりとして ******



 先日東京では品川プリンスホテルの新館に泊まっていました。

 東海道は日本橋から約二里(8キロ)で品川宿になるそうです。北品川は、今のJR品川駅から歩いておよそ10分の距離にあります。
 
 北品川でヤケザケをやりに出かけました。

品川駅前を歩いて1369 旭川でも札幌だって駅前くらいしか見られない土曜の摩天楼。窓の明かりが少ないのは土曜だったから。
 東京は凄いな!あちこち高層ビルが建っている。冬の夕方、晴れ渡っていたらきっといい雰囲気の写真が撮れるのにと思いました。三脚を持参して東京に行けば、美しい薄明写真家か夜景写真家になれそう。



むこうは京急北品川? 京浜急行の線路を渡って北品川商店街のほうへ。



日本橋から二里 商店街を歩くと日本橋から二里のこんな案内が公園の入り口にありました。



北品川の商店街の通りを行く 北品川の商店街。土曜は普段の日より閑散としているようだ。八百屋で冬みかんを買ったついでに小雪さんがちょいとした居酒屋をおしえてもらいました。



花屋さんがいいな 下町でも山の手でもオフィス街でもこういう風にして花屋さんがあるといいねっ!





呂尚暖簾 鴨料理屋「呂尚」。品川から商店街を真っすぐ進んで、サクセス通りを右に進み、しばらくして左にあります。
 このお店は最近、五反田駅近くの2丁目から引越して来たと店の仲居さんが言う。そして、今の店は店主の自宅を改造したとおしえてくれました。
 天然の鴨肉なら数度食したことがありますが、飼育された合鴨なのかどうかわかりませんが、それを食べるは二回目。脂っこくないかと心配しましたが、どんな味かと思いきや「旨い!◎」でした。



鴨汁 突き出しで出たこの鴨汁は旨かったですよ。塩味焼きもの、軽く燻製したもの、それぞれ程よく脂が乗ってとても美味しかったです。冬は鴨なんですって。店には近所の人や五反田時代のお客さんが来て、大人の賑やかさがありました。ご主人(名刺をいただきながら紛れ込んで行方不明のままで申し訳ないです)も母さんも気さくな感じのする方で、おすすめの店です。刺身の盛り合わせの〆鯖は絶品でした。値段も一般的なお値段です。
 旨いもんを食べていると、早稲田が負けたことをすっかり忘れていました。薄情なもんです。



北品川木村屋の建国団子 ホテルに戻る時に目にした木村屋さんというお菓子屋さんの「建国団子」。美しい名前の団子だと思います。



向こうに品川プリンス 大きな都営アパートと歩道橋の間の向こうに、僕たちの宿が見えます。東京らしいと一瞬思いました。



品川駅高架線下旭川西条ラーメン 品川駅高架線下にわが町旭川の西条ラーメンがありました。このラーメン屋さんが旭川にあるのは知りませんでしたが、きっと東京の方々に美味しいと親しまれていると思います。


テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

やっぱり大学ラグビー日本選手権決勝戦のこと

 誤解を恐れず覚悟して申しあげけます。
 3日の観戦に駆けようか、11日に賭けようか、自分は早稲田をどのように応援すればいいのか、ストーブの前で思い込んでいます。
 旨門は行かないことにしています。家人の小雪はとっても行きたくて、あれこれ企画立案してくれています。迷っています。

 自称野外活動家はこの一枚の写真を掲載しないとどうも吹っ切れないので、五郎丸選手(中央、フードを被って腕組をしている)の迷惑を顧みず、ここに載せてこれまでのことを精算(清算ではないです)したいと思います。
 何故この画像をを掲載したのかは、自分たちの立場とこれからの早稲田を考えている象徴の姿と思ったからです。


五郎丸歩選手
クリックして、もう一度クリックするとかなり大きくなります。

 尚、大学ラグビー日本選手権決勝戦の試合の一部始終と「えっ」と思われることはSANNDAさんのここ第一部から。
第四部まであります。今回のSANNDAさんの観戦採録はたまげました。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

突然目の前にパイナップルが現れた

パイナップル


 過日、新千歳から久し振りにジャンボ機に乗り上京しました。
 機内ではNHKのニュース(録画)が流されていたのでそれを見ていた時、突然、前の席のお嬢さんがご覧のことをやり始め、しかもうまくまとまらないようで、何度もずーとこの作業を続けていました。
 この作業のせいで、画面(黄色い↑)がよく見えず、「こらっ、前の娘。頭の毛、早くせんかい」と一言申しあげようかと思ったところ、作業が終了。

 家人の小雪さんは「木が立った」と言ってましたが、僕はパイナップルだと思っています。まっ、ブロッコリーでも白菜でもなんでもいいんですけど・・。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

旨門の誓言

 ぼっこりと凹んでいた気持ちが少し凸って元の大きさにほぼ戻ってきました。
 ラグビーのことばかりにとらわれていてはいられない。そろそろたまりにたまった記事をエントリーしないと、皆に忘れ去られるような予感がするので、以下の記事を書くことを皆さんに誓言し、気合を入れる旨門であります。
 

K-osirusi




■東京セレクション 記事15題

 突然目の前にパイナップルが現れたこと

 ショックだけど、やっぱり大学ラグビー日本選手権決勝戦のこと

 北品川の鴨料理屋「呂尚(りょしょう)」のこと

 早稲田が負けてヤケ食いしたこと

 「Yahoo!Cafe」でへんてこりんな気分になったこと

 「トップオブシナガワ」で朝食をたべ、期待はずれだったこと

 高輪付近をずっとデジエット(デジタルカメラ持参ダイエット散歩)したこと

 両国にある「江戸東京博物館」でびっくりしたこと

 トップリーグ「東芝×三洋」戦を眺めながら、ビールを飲んで日向ぼっこしたこと
 
 成城石井で家人の小雪さんが突然買出しを始めたこと

 窯焼きの「スパゲッティ&ピザ 24」(品川プリンスH本館一階)が今一だったこと

 かっぱ橋でこれまた買出してしまったこと

 浅草寺と泉岳寺で祈願したこと

 羽田空港の「KIHACHI」(喜八)で、お店の素敵な女性に一目惚れして写真も撮らせていただき、長男と三人で富士山を見ながら昼からビールやワインをいっぱい飲んだこと



S-daimonn




■冬に「一見一思一写一礼」 記事8題(今のところ)

 井沢八郎さんが亡くなったこと

 mixiに入会したこと

 やっぱり丸ちゃんのこと

 チョコレートを作ったこと

 ダイエット野外活動研究会の会員が集まらず、活動が休止状態によりデブになっていること

 美瑛にいいとこ見っけ!

 スノーモンスターを探せ!(現在、総力取材続行中)

 アイスモンスターを探せ!(現在、総力取材続行中)

 日本選手権に向けて

 小ブログ創刊一周年記念祝賀会

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

やるべ!

まだ終わっちゃいないんだ!

大学選手権で勝つか負けるかは雲泥の差があるんだと思う。本当のそこのところは選手でないとわからないけれども。

気になってしょうがないことがあります。どうしても気になって夢にまで出てくることです。


①どうして早稲田のラグビー部のHP更新がされていないのか?
対戦相手の関東学院の選手たちのメンバーが掲載されないままでいいのか?

②部内で今回の結果から鬱積したものが露呈し、引っ込みつかなくなっているのではないか?
一致団結しなければならないのにもめていやしないのか?


こんなことをあれこれ詮索危惧しています。練習風景も観にいけやしないし、どうしても心配になっている。

また書くけど、日本にある大学ラグビー部の皆んなの思いが早稲田の君たちに寄せられているんだ。上井草だとか西早稲田だとかの問題ではないんだ。君たちだけの世界じゃないんだ。皆んながまだまだ君たちを応援しているんだよ。

さあっ、気持ちを切り替えて、やるべ!

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

気を取り直して、いつもに戻ります。

 相当凹んでいました。少し元気を取り戻し始めています。
 
 今日から、またこうしてブログを書くことにしました。

 へこんだわけは、先週1月13日土曜日に行われたラグビー大学選手権決勝で、早稲田が関東学院に負けたことがどうしても受け入れられなかったのです。そして、早稲田の選手の胸中を思うとブログに記事を書くことができなかった・・。応援者を決め込んでいたけど、本当に国立まで行って応援していたの?ちゃんと早稲田のためにお前は応援したのか?って自分のせいではないかと思えて仕方がないんです。
 

 気を取り直して、いつもに戻ります。


 今、『007/カジノロワイヤル』(ディノスシネマズ旭川20:20~22:54)を観てきました。今日で最終上映だったのです。
 この映画は家人の小雪さんの友人「柴♀八」が昨日電話で強く薦めてくれた映画です。失意のままいてもはじまらないからと小雪さんが気分転換にと薦めてくれました。気合が抜け、風邪もぶり返してしまったのでしたが、折角の薦めだし、こういう娯楽映画もいいかなと考えそうしました。そして、良い機会を柴八からもらった。

 この年齢になって改めて思うのですが、やはり気合って大事なんですね。気の持ちようでまたやる気が出てきました。決して吹っ切れたわけではないですが、頑張ろうとする前向きな姿勢に変わりつつあります。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

また,がんばるべ!

呆然自失
*** 画像をクリックすると大きくなります。大きくなった画像からももっと大きくなります。パソコンによるかもしれませんが。***
 *** 失意のうちに,眺める向こうはなんなんだろう?何も見えない,みえていないのかもわからない。失意なのかもわからない。

 今日は泣けばいい。うんと泣けばいい。悔し涙をうんとながせばいい。その悔しさを忘れないで,また,がんばるべ!
 
 さあ,日本選手権もあるんだし,早く気を取り直して頑張るべやっ!
 そして,また一年かけて大学選手権優勝を目指すべ!北海道の人間でもこうして応援しているのがいっぱいいるんだがら。ずっと応援してるから。


***** 品川プリンスホテル エグゼブティブタワー7階「Yahoo!Cafe」にて~旨門 2006/01/14/00:43*****>

 
  

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

第43回全国大学ラグビーフットボール選手権大会決勝戦早稲田スターティングメンバー及び強力応援団発表

スタメンスクープ
早稲田スターティングメンバー

 対関東学院決勝戦、早稲田スタメンの発表が遅れていたが、以上の布陣で天王山を制する予定だ。
 今回わかったことだが、強力応援団には北海の暴れんぼーこと「羆のミスター・イヨマンテ」、北海の翼「ミスター・オジロ」に「ミスター・チゴハヤ」も登場し、対関東学院に対する”応援団の強力フォワード”として参加している。一方SFB(スーパーフルバック)陣には前回に引き続き北海の野人「ちょいと旨門」並びに北海の家人「小雪」そして北海のキカンボーこと柴犬の「本丸」に北海の山の哲人「オコトナ(ナキウサギ)」が名前を連ね、関東学院を圧倒した早稲田ファミリー陣となっている。
 関東学院にはかなり厳しい試合になるのは必至。試合展開は恐らく、慶應のようにハイパントを多用し早稲田のバックス陣を崩しにかかると見られ、早稲田以上のオープンな展開策を取り入れると思われる。
 目が離せないおもしろいタイトな試合になると思われているが、早稲田は大差を付けて三連覇することに間違いない。

 早稲田43対関東学院15。三年連続で「荒ぶる」が国立にこだまする。

 尚、IBNでは舎主のダンディー旨門と舎主秘書で町内婦人部会計の小雪を国立に派遣し、特別体制でこの感動の一瞬を記事して皆様におおくりします。
 乞うご期待!


 以上のIBNなんちゃって記事をつくりながら、旨門は風邪気味で寒気がするので、ホットワインを飲みました。
ホットワイン02 旭川の地酒「男山」の酒蔵で販売している三合徳利でワインを温めます。二合徳利もあるので足りない時にはこれも使って冬の一杯をやります。
 勿論、ワインはサントリーの「リバークレスト」。赤6~7に対し白4~3を交ぜて常温でも燗でも飲むのが、旨門家のやり方です。特別な理由はありません。


ホットワイン01 旨門家のホットワインはこうしてストーブのかけた湯沸しの中にどっぷり入れてゆっくり温めます。人肌より少し熱めがいいようです。
 日本酒より利くように思います。体の先っちょも中も温まりますよ。
 




 不敵な笑みを浮かべながら旨門は国立のバック指定席に座った。ちょうどその頃、メインスタンドVIP席にはあの清宮前監督も旨門と同じように、周囲の喧騒をよそに静かにグランドを見つめているはずだ・・・・。
 望むはただ「勝利」のみ。己を信じ侮らず相手飲み込むは勝利への道也

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

悔しいこと、変なこと、そして嬉しいこと。

 齢五十を過ぎ、冷静になれば冷静になれるのかもしれないけど、サントリーが東芝に負けたのが悔しい。タラレバも出てくる。段々頭にくる。
 勝負は結果なのだから、結果でこの悔しさを晴らしてもらうしかない。これまで以上にサントリーサンゴリアスに期待する!

ラグビーモード全開で旨門はいつものように酔っ払っています。ヤケザケになってきました。

--------kore ijou kakuno wo yamemasu--------



 対東芝戦があった翌日の日曜日は不肖旨門の誕生日でありました。6時に目がパッチリ覚めてしまい起きたのですが、外は勿論真っ暗でした。ストーブを点け、本当はテレビを見たいのですが、寝ている小雪さんに迷惑になるのでがまんし(怒るので)、何となくパソコンをつけ煙草をすってだらだらしているうちに外が明るくなってきました。窓越しに外を見ると、朝なのに夕映えのような外の雰囲気です。(以下の写真は午前8時頃に撮ったものです)。
070107の朝02

070107の朝01

 湿雪がご覧の通り建物の壁などに着き、積雪はほんの数センチ積もった程度です。風は強いのですが変な天気です。旭川らしくない雪の降り方ですし、旭川らしくない冬です。三~四年前の冬と同じように今年も暖冬です。勿論、大雪を期待しているわけではないですが・・・。勤務先の会長が以前ふと口にした「旭川は天気にも景気にも見放されている」ことを思い出しました。

ナナカマドが白樺になった

 帰省中の次男が野菜サラダ病になり当家の生野菜が切れてしまったので、小雪さんの野菜の買出しに付き合う途中、緑橋通りにさしかかると、湿雪は緑橋通りのナナカマドの木の幹にへばりついて、遠め目には白樺の木のようでした。


 自宅に戻ると旨門に成田にいる長男から誕生日プレゼントの「iPod」が届いていました。昨年の暮れの小雪さんの誕生日にも彼はこれを送ってくれました。小雪さんとペアになります。iPodの裏には旨門のイニシャルが打ってあります。勿論、小雪さんのものも打ってあります。
iPod nano 2G

 早速、iTunesをDLして、ミュージックを取り入れようとしますが、なかなかうまい具合にいかないのですが、あれこれいじっている間に300曲ぐらい入ってしまいました。もうちょっと勉強しないと駄目ですが、使い方をおしえてくれるアップルのサイトは字が小さく、ブラウザ上の操作でも大きく出来ないので大変です。
 旨門の外付けのHDには5000曲いやもっとそれ以上の音楽が入っているので、これらを選曲してベストセレクションをつくり入れ直そうと思っています。手間がかかりそうですが、楽しみが増えました。
 そして、13日に上京するので、銀座のアップルストアでこのおしゃれな「iPod nano」用のケースを買い求めてこようと小雪さんと話をしています。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

新春寸景 -平成19年1月4日-

 昨年夏、根室に行って地元の写真家が子育て中の丹頂鶴を狙っている時に知ったのですが、オジロワシはオホーツク方面の住人にはトビやカラスぐらいにしか思われていないようです。確かにあちこちで目にしました。
 丹頂鶴に目をくれずにオジロワシに夢中になっているその時の自分が詠んだ駄句を。
 
 「オジロワシ 飛んではじめて トビじゃない」
 「隠れてろ 人目に立つな オジロワシ」
 
 北海道大陸の中央に位置する北都旭川にも国の天然記念物「オジロワシ」がいるんです。このブログでは三回目の紹介になりしつこいかもしれませんが、去る4日正月休み最後の日に、オジロワシの姿を求め市内忠和から伊納にかけての石狩川沿いを探鳥し、彼らに出会ってきましたので新春寸景として紹介します。
 
 久し振りに野鳥写真家補になるこの日の朝、雪がふわふわ静かに降っていました。少し寒い日の風のない時に降る雪は、結晶が綺麗に見えます。
雪 結晶
 以前にも記事にしましたが、自分の小中学校の校章は六角形した雪の結晶をモチーフにしたもので、他校のものもおよそそのようの雪印をかたどったものでした。
 雪と縁がない本州四国九州では校章はどのような形になっているんでしょうか?

 石狩川の伊納付近に行くと樹の上にとまっていたオジロワシを2羽見つけたのですが、車のスリップ音で対岸のはるか上流の方へ逃げてしまいました。失敗しました。
 旭川大橋の方へ移動。橋の上流左岸の河川敷に車を停めました。ここは冬の間雪の堆積場になるところですが、今冬は雪が少ないので川のすぐそばまで行けます。
石狩川河川敷雪景色
 しかし、生憎雪が降りだしてきました。


オジロワシ 雪舞
 車の中で小降りになるのを待っていたとき、対岸をオジロワシが飛ぶのが一瞬見えました。車中からオジロワシの雪舞いを撮ったものですが、中央に大きく白い部分がオジロワシの尾の部分です。

二羽のオジロ幼鳥
 小降りになり、対岸を覗くと二羽のオジロワシの幼鳥がいました。

番の親鳥
その右横の樹には親鳥なのかどうか不明ですが、成鳥がこれまた二羽とまっています。
 雪が降ったり止んだりを繰り返すなか、彼らはじっと動かずにいました。肉眼で遠目でちらり見る限り、大きなトビにも見えます。

飛ぶ親鳥
 こちらがここに来て約2時間近くなってから、親鳥と思われるほうが嵐山の方へ悠々と飛んで行きました。

飛ぶ幼鳥
 親鳥の後をついて幼鳥もゆったり飛んで行ってしまいました。
 その後しばらくここにいたのですが、オジロワシの家族は戻っては来ませんでした。
 
 この日この場所で一度に4羽を確認しました。昨年は一度に3羽だったのですが、少なくとも4羽(成鳥2羽、幼鳥2羽)は確実にいます。ここのオジロワシは留鳥だと聞いています。ここ旭川方面には一体全体オジロワシは何羽いるのでしょう。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

早稲田ラグビー蹴球部、あと一勝で三連覇!

 我が早稲田が京産大に勝利し、来る今月13日の大学チャンピオン決定にあと一戦となりました。結果は55対12。見た内容がこれほど点差に反映されているようには思えない、伯仲した試合が最後まで続いていたと思います。
 前半の20分過ぎまでハラハラドキドキしました。ひと昔のように崩れていくのではないかと危惧したのも事実です。本物の早稲田ファンに未だ非ずなのかもしれません。
 京産大の最後の最後まで続いた気迫に早稲田は苦しみながらも縦横無尽の戦術で勝利を勝ち取りました。早稲田の総合力に不肖旨門は最大の賛辞をおくります。
 中竹監督以下全員による明確な戦略から生まれる具体的な戦術。そして、その土台となっているのが「コミュニケーション」であることは早稲田のHPから容易に読み取れます。全てのことに言えますが、基本と実務と研究をこなしているからこそできるものと思います。不適切な言い方だと思いますが、ラグビーも「変化対応業」だと、今回の試合を見て改めてそう思いました。
 

 さて3日の早朝、寝ずに起きていた次男坊に近くのローソンへスポーツ紙を買いにやらせ、日刊スポーツ、スポニチ、スポーツ報知、道新スポーツ(サンスポとの提携している北海道新聞社が発行している地元スポーツ紙)のラグビー記事を早速読みました。
 記事の内容は別にして扱いが大きいのはやはり道新スポーツ(サンスポ)でした。サンスポのHPも当然記事の扱いが他紙のHPより断然多いです。この理由は以前の小ブログにも触れましたが、前清宮監督とサンスポとの大人の約束があるからです。大人の約束については「早稲田ラグビー 再生プロジェクト」(松瀬学著 新潮社刊)をお読みになって下さい。

この四紙の中で一番旨門の目を引いたのは日刊スポーツのこの写真でした。
畠山トライ(日刊スポーツ紙)
 撮影は浅見桂子さんとなっています。うまいところにいてグッドショットだと思います。畠山選手のキャラクターの雰囲気が出ていて、今年の走る早稲田のFWを象徴している写真です。
 「魔法が使えれば『(FB)五郎丸になりたい』という男」と文中で表現されている畠山君がおかしいと家人の小雪さんにいうと、また怒られてしまいました。
 「早稲田のHPで以前、畠山くんが言ってたじゃない!」と一喝されるや否や、「あっ、そうでした・・・です」と小さくなりました。いずれにしても先頭に立った彼の攻守にわたる奮闘は光りました。

滝澤選手アフターマッチコンベンションの滝澤選手

 1番プロップ滝澤選手のステップをきって走る姿も印象的でした。


試合後の五郎ちゃん試合後の五郎ちゃん

彼には失礼だと思いますが、一年生の頃の腕白坊主みたいな五郎ちゃんから随分心身ともに頼もしくなっているように見えます。ゲームでは倒れなくなったと思います。五郎ちゃん筆頭に、早稲田の選手全員がタックルされても倒れなくなったのではないでしょうか。


京産大がロスタイムにスクラムを選らんで苦笑いする畠山くん京産大がロスタイムにスクラムを選らんで苦笑いしているような畠山くん

 ロスタイムに京産大がスクラムを選択した時、おーやるな!と思うと同時に、やはりそう来たか、と京産大の意地を感じました。


一年生早田君の三トライ目でゴールキックのボールを貰う五郎ちゃん一年生早田君の三トライ目でゴールキックのボールを貰う五郎ちゃん

 早田君の活躍を見て、4年生甲子郎ちゃんの後釜がちゃんとできたと思いました。



 試合のビデオを四回見ました。J Sportsの解説で藤島大さんが確か以下のように言っていたと思います。ロックの後藤君や権丈君、フランカーの林君と松田君はそれほどメディアで取り上げられませんが、これらの選手たちがきちんと正確なプレーをしていると言っていたのです。当方も漠然とは見てはいないのですが、藤島さんの言葉を耳にしてからよくよく見るとその通りでした。再確認しました。
 早稲田の総合力なんですねこれが!京産大はタックルミスが多かったなあー・・・。

 この試合の観戦の詳細はいつものSANDAさんのラグビー観戦採録「早稲田大学vs京都産業大学」を是非ご覧下さい。また、早稲田ラグビー蹴球部のHP「対京産大 東条組『荒ぶる』まであとひとつ!」もお読みになって下さい。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

旨門、早稲田スタメンに入る!

旨門もスタメン入り

 平成19年1月2日午後2時10分対京都産業大学戦、国立競技場のグランドに旨門が立つ!SFB(スーパーフルバック)として五郎ちゃんの後ろを守り気合を入れる役です。
 早稲田の中竹監督はフォワードの真っ向勝負で挑むとしています。その勝負を展開・打破するにはバックス陣の華麗にも泥臭い活躍が求められるでしょう。ならば、五郎ちゃんは前へ行け、旨門がその穴を埋めるから・・・・。(以上は新春初夢でした)。


 初詣で早稲田の連勝を祈願した旨門たちは、正月太りの解消にとダイエット散歩をしたのでした。この頃、早稲田のラガーマンたちは明日の試合のために練習をしているのだなと思うと、大きく手を後ろに反らして早歩きになりになりました。正月気分は元日で旨門たちは終了しました。ラグビー応援モードに入らなければなりません。
 そして、自宅に戻ると小雪さんは軒先の氷を落とし始めました、全てを今日の試合に集中するためにしたそうです?
軒先の氷を落とす小雪さん




【冬点描ー昨年12月31日丸と散歩途中から】
冬の銀杏
冬の銀杏。若い実だったのでしょうか、落ちずにまるで木にしがみ付いて萎んでいる銀杏に雪が被っていました。

雪の結晶
雪の結晶が輝いて綺麗でした。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

新年のご挨拶と元日のことを少々。

平成19年ブログ年賀状写真
 昨年の1月から小ブログを始め早や一年が経ちます。これまで約2万のページビューがあり「信じられな~い!」です。いつも見に来ていただいております皆さんにお礼を申しあげるとともに、改めて新年のご挨拶を申しあげます。どうぞ引き続き今年も小ブログをご笑覧下さいますようお願い申しあげます。

 さて、元旦の朝、家人の小雪さんが珍しく初日の出を見に行こうと言い出し、早速車で旭川空港方面に向かいました。山々から上がる初日の出を拝みたかったのですが、あいにく雲がかかりなかなかご尊顔を拝せませんでした。
070101 旭川空港
除排雪作業中の旭川空港

 仕方なく市内に戻りあちこちちょろちょろしている内に午前8時8分頃、初日の出に出会うことができました。
初日の出 旭橋
初日の出(旭橋から)


 自宅に戻る途中、旭川中央郵便局の前では年賀状の配達をするアルバイトの若者たちがタクシーに乗ってそれぞれの区域に散らばっていくところでした。ソリをもっているところが雪国らしいと思います。
郵便局前で元旦の朝



 自宅に戻り、サンドイッチとコーヒーで元旦の朝の食事を済ませました。いつも本来ならお雑煮なんですが、息子らがまだ寝ているので日本の正しい元旦の朝の食事内容は昼からにしました。
 神棚を拝し、仏壇に手を合わせ、若水を飲んでの朝食でした。その後、年賀状を書きました。それを出し、初詣をし、ついでにダイエット散歩をすることに。
 
丸が初散歩から帰ってきた
丸が初散歩から戻ってきました。少しやせていますが、今年も元気です。ぐいぐい引っ張ると母が言っています。

初詣 上川神社頓宮
初詣 上川神社頓宮(常磐公園内)

川面に光る初日
川面に光る初日
 雪の少ない穏やかな元日です。こんな年は初めてだと思います。道行く人たちも同じようなことを口にしていました。いつかきっとドカ雪が来るのだと思います。

雪を落とす小雪さん
急に他人の家の雪を落として遊びだした小雪さん。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

FC2Ad

旨門かわら版

マウスを合わすと画面が止まります。
青字をクリックすると画像等にリンクします。


★☆★ あれこれ ★☆★
▼06/08(金)▼録画してあったラグビーのパシフィックネーションズカップ「日本代表対フィジー代表」戦を観た。結果(日本19-25フィジー)をしていて観るのは興ざめするが、この試合はそんなことはなかった。
ラグビージャーナリストの村上さんのブログから引用するが、「日本の現在地を知るうえで貴重な機会となったが、やはり、立ち上がりは日本代表選手の突進に対してフィジーのコンタクトが上回り、ボールを抱え込まれてターンオーバーをされるなど、攻撃を寸断されるシーンが相次いだ。それでも、日本代表は粘り強く攻めた。その姿勢に観客席も熱くなる。フィジーの反則を誘っては、FB五郎丸歩がPGを決め、19分の約50mの距離あるPGが成功した時の観客の盛り上がりは感動的ですらあった」のでした。やっぱり五郎ちゃんが最高!!!
体が大きくパワフルなフィジー選手相手に頑張ったと思いますが、まともにぶつかっていっても弾き飛ばされるし、ブレイクダウン(ボールの奪い合い場面)では相手の腕力で押さえ込まれて反則したり、ジャッカルされたりしていた。パワフルな相手と小粒な日本選手との差をどのように縮めていくのか新生ジャパンを楽しみにしていきます。
▼06/07(木)▼昨日、寛仁親王殿下が御薨去された。これまで長年、癌などで入退院を繰り返されてこられたが、とうとう力尽きてしまわれた。謹んで哀悼の意を捧げご冥福をお祈り申し上げます。
「ひげの殿下」には直接お会いしたこともないのだが、様々な形で自分は殿下の見識を垣間見たり、女性や女系の天皇も認める政府の有識者による報告書に異議を唱えられたこと、スキーを通じ身体障害者への分け隔てなく尽力をされていること障害者の親戚MSから聞いていたので、勝手に親しみを覚えていた。畏れ多いが一緒に酒を飲みたいとさえ思ったことがある。

今日から約一週間、母は山梨と静岡へ一人で遊びに行った。一人で切符を手配して。自分は旭川空港までの送り迎えだけの手伝いのみだ。元気な九十歳の母に感謝している。
▼06/06(水)▼会社が休みだったので、小春さんと愛山渓に行った。目的はクマゲラとコマドリに逢いたくて。けど、逢えなかった。小春さんは蕗の良い物を十本ほどいただき、山道をゆっくり車で降りていた時、凄い雷雨。帰りに愛別町の「協和の里のもち工房 愛ふくふく」で豆大福とよもぎ餅そして豆の伸餅を購入。店を出た途端、また雷雨。強い雨であたりから埃くさいような匂いがしてきて、懐かしい気分になった。そして、大きな雨粒が逆光に映え、銀の雫となって眩しいほどに美しかった。
▼06/05(火)▼日赤へ二ヶ月に一度の定期検査。先日の成人病検査で腫瘍マーカーの消化器系の値が若干基準値よりオーバーしていたので、主治医に相談したところ、六年以上大腸の内視鏡検査をしていないのだから検査をしたほうが良いとなり、消化器の先生へ手紙(院内メール)を書いてくれたので受診。綺麗な女医さんだったので素直に質問に答え、検査を受けることにした。
▼06/04(月)▼祖母チカさんの祥月命日と護国神社祭の宵宮だったので、家族三人でささやかに雲丹などの刺身を摘みながら夕食を済ます。
▼06/03(日)▼今季未だカワセミの姿を見てないという小春さんのために(こんな書いてる自分もそうなんですが)、カワセミポンドへ向かいました。
車中で小春さんに、昨日の夕方、ホトトギスの囀りを例の河畔林で聞いたことを告げました。姿は確認してないけど「特許許可局」「テッペンカケタカ」と確かに鳴いてホトトギスと思ってるけど、北海道には殆どいないと何かに書いてあったと思うけど・・・と言うと、早速、車に積んである北海道の野鳥の本で調べてくれました。やはり、掲載されていないので、ホトトギスはいないんでないかいと話しをしていたところ、偶然聴いていたNHKラジオの日曜あさいちばん『季節のいのち』で 、 日本野鳥の会の主席研究員である安西英明さんが「ホトトギス」を取り上げていました。ホトトギスは鶯に托卵する習性があり、いち早くオスがやって来て囀りまくり鶯がいるところに縄張りを作るのだそうです。(ふむふむ、ホトトギスが托卵することはどこかで勉強したことが・・・)。
囀りが何度も流れたのですが、似ているけどちょっと違う、けどやっぱり似ていると言う自分に小春さんは大いに同調してくれました。遂に北海道で初めてホトトギスの囀りを聴いた男なのかもしんないと思い込んでしまいました。けど気になるのは、昨日は周りから一度も鶯の囀りは聞こえなかったなぁ・・・?遠くのカッコウは聞こえたけど。

カワセミポンドで二人はかなり粘ったのですが駄目でした。それでも、五羽のキセキレイ一家(多分)の様子を観察しながらコーヒーを沸かして飲んだり、それなりに宜しい時間を過ごすことが出来ました。
昼食を済ましてから、ホトトギスがいる河畔林に行きました。旭川で初めてホトトギスの写真を撮った野外活動家になるんだなlっ、多分俺は・・・ヒヒっ。
同じ場所で囀りが聞こえて来ました。どうだ!すごいべっ!と自慢し小春さんとハイタッチ。およそ10分間隔で囀っています。最初立ち木の下の方から聞こえ、その後、イタドリの茂みの中から聞こえて来ました。しかし、一向に姿を見せない。ブヨがしつこいし、暑くなってきたので今日のところは帰宅することにしました。
アサヒのノンアルコールビールを飲みながら、北海道護国神社例大祭の御祭礼旗を立て終え、シャワーを浴びてからパソコンでホトトギスの囀りを調べました。あれれホトトギスは「特許許可局」の語尾が下がらない。一方の私たちのホトトギスは下がる。なんと名は聞いたことがある「エゾセンニュウ」という野鳥があそこで鳴いていたのでした。「やっぱ、うんなわけないよなっ・・・」。勝手に思い込んで一人悦に浸るならまだしも、ブログで大々的に「ホトトギスー北海道で初撮影」なんて記事をエントリーして自慢したくなっていた自分は本当におっちょこちょいですわ。
けれども、エゾセンニュウの姿を生で観てみたいもんです。
▼06/02(土)▼以前読んでそこら辺に置いといた本を探していたら、一度も読んでない本が五冊も見つかった。いい加減だから積みっぱなしの本の間に紛れていた。
▼06/01(金)▼月始めは忙しいもんだ。


このインフォメーション機能は、「ごんちゃん」ことごんたろうさん作のプラグインで、小ブログで使わせてもらっています。カスタマイズも比較的簡単にできるので、皆さんも取り入れてはいかがですか!

プロフィール

旨門(うまもん)

Author:旨門(うまもん)
 不肖、「旨門」と申します。生まれも育ちも北海道は旭川市です。高校卒業後、夢にまで見た花の東京で四年ほど人生勉強をすることができました。齢五十代後半にはいり、既に孫三人に恵まれ、今年八月にはもう一人誕生する予定です。孫はメンコイ。
 趣味はラグビー観戦。社会人チームではトップリーグチームの「ヤマハ発動機ジュビロ」を、大学は早稲田のファンです。
 また、デジカメ持参で野山に遊ぶことも楽しんでおります。小動物との出会いが楽しみです。数年前からエゾユキウサギとホシガラスを撮りたくて活動しています。羆は怖いので挫折しました。
 (ブログに掲載している画像の殆どは、トリミング、サイズの変更、明るさとシャープさの調整をしています)。

(平成24年5月25日記)

カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

旨門の「気にして!キーワード」

固有名詞、単語などから直結リンクのエリアです。
掲載のキーワードをクリックすると、このブログや旨門のブログ仲間の記事へリンクします。

■動植物
ナキウサギ
エゾリスエゾモモンガエゾオコジョ
(Special thanks Mrs.Ezomomonga)
ねこ(Special thanks SANTA)
■お気に入りの場所
ふらりーと
春の終わりの「山遊山」
夏の終わりの「山遊山」
晩秋の「山遊山」
北大苫小牧演習林
■郷土のキーワード
旭山動物園
■食べ物
「カレープ」(by Umalog)
がたたん チャーハン
がたたん ラーメン
すぎもとファームの生ウィンナー
すぎもとファームの案内
マルトマ食堂ホッキカレー
イバラエビ
プリン(Special thanks Pudding-TaBa)
■飲食店
芦別名物"ガタタン"の「宝来軒」
イタリヤ料理「仁泰(きみひろ)」
居酒屋もんく
インド料理「ヒンディヒップスター」
肉料理「プチハウス」
ビストロ「エスプリムートン」
マウレ山荘
「ミクニ サッポロ」
鴨料理屋「呂尚」
ファームレストラン「マッケンジーファーム」
■その他
秋川雅史「美幌峠」

全記事(数)表示

**全タイトルを表示**

月別アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

ブログ内検索

お気に入りのサイトです!

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

今日はどんな日?(時計機能付)

クリックすると、クリックした当日の歴史上これまでに起きた出来事、記念日等が表示されます。

(Designed By Seedleaf.)

RSSフィード

このブログのQRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。