北海道旭川いいべえニューズ

「eBe北海道旭川いいべえニューズ舎」がおおくりする旭川、道北、北海道のあらゆる「新享楽」追求の情報ページ。と、これまで書いていたけどやっぱり自慢話、そして、趣味を通した人生点描かな!?(平成18年1月21日創刊)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

山に遊び、「山遊山」を楽しむ。

 短い山の夏。もう小動物たちは冬の準備を始めている。あと二ヶ月間に越冬の準備を終わらなければならない。「エソナキウサギ」の貯食活動がいよいよ開始されたようだ。その雰囲気を感じてもらえれば!
 これから、イタドリ、ハイマツ、イソツツジ、白樺などの葉やキノコをせっせと集め、北向きの風通しの良い岩陰に貯めていく。まだそんなに貯まっていなかった。これからが一生懸命になる。命がけだもんなー。
 ガンバレ!ナキちゃん! ファイト!ナキちゃん!
美瑛岳に朝日が流れる

朝焼けに詠う

朝焼けに詠う02


旨門(30p) **続きがあるから、下の点線のところをぽちっと押して読んでね!**
【“山に遊び、「山遊山」を楽しむ。”の続きがありますので、この文章をクリックし、引き続きご笑覧下さい。】
スポンサーサイト

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

チンパンジーの森と旭山動物園備忘録

《チンパンジーの森から》
チンパンジーの森09
日本コカコーラの記念事業としてこんな風にして自販機を設置している。チンパンジーの動物舎によくマッチしている。民間の臨機応変さに拍手!

チンパンジーの森07

チンパンジーの森08

朝から混み合う動物園東門の坂道

チンパンジーの森01

チンパンジーの森02

チンパンジーの森03

チンパンジーの森04

チンパンジーの森05

チンパンジーの森06

旨門(30p) **続きがあるから、下の点線のところをぽちっと押して読んでね!**
【“チンパンジーの森と旭山動物園備忘録”の続きがありますので、この文章をクリックし、引き続きご笑覧下さい。】

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

真夏の東京は20数年ぶり

 飛行機に乗ると出来る限り窓際に座り、ずーっと外を眺めている。写真も撮る。傍から見れば「いい年をして・・」と思われているかもしれないが、自分にとっては空を飛ぶのが夢だったので、子供みたいに飽きるまでそうしている。
東京湾上空
東京湾上空。眼下に見えるはお台場。
羽田空港は赤かった
JAL機のこの赤いマークの群れ。個人的には昔の鶴のマークが好きだ。スポットから一機だけあの鶴のマークの飛行機が見えた。

 去る8月20日からいわゆるウェブショップの講習会があって二泊三日で東京に行ってきた。真夏に上京したのは22年ぶりになる。旭川も連日30度以上の最高気温が続いていたのだが、なんとも湿度が高いから、体にぴったり張り付いたTシャツを脱ぐのに難儀した。

旨門(30p) **続きがあるから、下の点線のところをぽちっと押して読んでね!**
【“真夏の東京は20数年ぶり”の続きがありますので、この文章をクリックし、引き続きご笑覧下さい。】

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

いただきもの二種

当麻からの季節のいただきもの
 小茄子さんの実家(当麻町)からの季節のいただきもの。超激辛南蛮、キュウリ、トマト、茄子。画像にはないが、トウキビと枝豆も頂く。小茄子さんだけには、季節の楽しみを期待していることを話している。そんな頃決まって実家の父から電話があり、小茄子さんが貰い受けに行くのだ。
 ところで、激辛南蛮を楽しむのは当家では小茄子さんと三男坊だけだ。異常だ。味覚が壊れている。頭に来るぐらい辛いのだら。我々一般人にはわからない世界だ。

大家の長屋さんからのタケノコ瓶詰
 札幌にいる次男坊が住むアパートの大家さんからの頂いた根曲がり竹の瓶詰。大瓶三本、小が二本。こんなに綺麗に手間をかけたものを頂いて恐縮する。しかし、このタケノコが好きな我が家は早速煮しめにして食した。たまらない食感にまた出会うことが出来た。この画像の二瓶は冷蔵庫に入れて大事にしていたものを引っ張り出してすぐ撮影したので結露して曇っているが、もったいないくらい丁寧な作業ぶりが感じ取れる。
 しばらく大事にして、もう少し寒くなったらおでんにして食べようと小茄子さんと今から楽しみにしている。大家さんに感謝している次第である。

 尚、タケノコの向こうに見える白いトウキビは、今流行りの「ピュアホワイト」。生でも食べられるのが人気とか。スウィートコーンは殆ど生で食べられる。口に入れた瞬間の青臭さが残る時間が短いのがこのトウキビなのだと思っている。しかし、一本あたり約三分、水にくぐらして、ラップしてチンしたほうが旨いと思う。このトウキビは確かに甘いことは間違いない。
 このトウキビも取引先から頂いたものだ。旨門家は皆さんからよく、特に食物をいただくことが多い。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

プロフィール画像の変更と宣言!

 秋の気配は庭先でか細く鳴く秋の虫の音とともに早くもやってきました。一年が経つのは真に早いものです。
 季節の変わり目にあたり右の欄のプロフィールの画像を入れ替えしました。そして、紹介文も変更しました。ご笑覧ください。

 前回の記事のエントリー後、旭山動物園の現場で思う事、まっ仕事絡みで東京に行って思った事などを書きたいと思っていますが、毎晩酔っ払いそれが出来く伸び伸びになっているので、ここにこれらを必ずエントリーすることを宣言します。そして今日、山に行ったりして遊ぶのでそのことも写真を添えて記事にしなければならないと決意しています。
 では、これにて。 (旨門拝)
 

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

海が見たいと小夏がいう

 一ヶ月振りにやって来た休日の二日目、朝から旭川はうっとうしいかった。天気予報では日本海側で晴れ間がでるようだ。そのことを話すと小夏さんは海が見たいと云う。海派の小夏さんに従い、山派の旨門は増毛ならば何やらあやかれるかも、と行くことにした。
 道央道の深川ジャンクションから深川留萌自動車に入り、途中、秩父別町にある「ローズガーデンちっぷべつ」に立ち寄った。
バラ 絵日傘 作出1974
「絵日傘」昭和49年、日本で作出したバラ。
 このバラを見た瞬間、不謹慎にも旨門がはいている柄パンにそっくりだと思ってしまった。本当に似ているので写真で見せたいほどだ・・・。「アダブラカラブダ」なんていう米国作出のバラもある。この園内をちらり見てまわっただけの感想だが、フランスやドイツが古くから数々のバラを作り出しているようだ。「バラの種類」でググルとバラの園芸種にはとんでもない数の種類があることが良くわかった。これだけで十分勉強し満足した気分になる。
バラ 秩父別ローズガーデン


旨門(30p) **続きがあるから、下の点線のところをぽちっと押して読んでね!**
【“海が見たいと小夏がいう”の続きがありますので、この文章をクリックし、引き続きご笑覧下さい。】

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

夏山閉じこもり

 一ヶ月ぶりの休みがやってきた。二日間の盆休み。初日、午前5時から午後5時までデジカメを持って旨門は独り夏山に閉じ篭った。
丸も掻き掻き
丸は掻き掻き。

シマリス 掻き掻き
シマリスも掻き掻き

ナキちゃん 01 掻き掻き
ナキちゃんも掻き掻き(ナキウサギの正面の写真はどうも情けない顔に見えるのだが・・・)。

旨門(30p) **続きがあるから、下の点線のところをぽちっと押して読んでね!**
【“夏山閉じこもり”の続きがありますので、この文章をクリックし、引き続きご笑覧下さい。】

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

今年、行けなかった・・・

H16 BI急上昇
ブルーインパルスが急上昇(平成16年の航空ショー)

 平成18年の年頭に、年間予定として組んでいたイベント等へ行けなかったことが現在のところ二つある。
 一つは千歳基地の航空ショー、もう一つは地元旭川で開催される北海道新聞主催の花火大会見物だった。航空ショーは憧れの男の世界、花火は光の美の世界だと思っている。ここ5年間欠かさず見物し、デジカメ写真を撮ることが自分にとっての恒例参加行事だと決め込んでいたので至極残念だ。
 開催日程が仕事のある土曜日になったり、仕事でヘロヘロに疲れて行く気が失せてしまったりして行けなかった。
 このブログはなるべく過去に撮った写真を掲載しないようにしている。今年撮ったものを載せるように努めている。しかし、この暑さと疲れと不満を紛らわすために今回載せちゃうぞーっと!さらりとした梅酒をぐいぐい飲み続けながら未練たっぷりの侘しい心持ちにもっと浸ろうっと!

H16 BIすれ違い
ブルーインパルス二機のすれ違い飛行(平成16年の航空ショー) 

旨門(30p) **続きがあるから、下の点線のところをぽちっと押して読んでね!**
【“今年、行けなかった・・・”の続きがありますので、この文章をクリックし、引き続きご笑覧下さい。】

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

旨門根室旅(最終)

《霧多布湿原》編

家族総出で昆布干し01
海岸線を走るといたるところで昆布干しの作業が行われていた。家族総出だ。じゃりを敷き詰めた広場に昆布を干す。昆布がなければ随分広い駐車場だと勘違いしてしまう。尚、昆布干し場は日の良くあたる山の中にも作られていた。
家族総出で昆布干し02


道東はハマナスが真っ盛り
ハマナスが真っ盛り道東は昆布漁も最盛期なのだ。

 根室浜中釧路線を走り、霧多布湿原を目指す。レンタカーや内地ナンバーの車をよく見かける。これらの車は概ね行儀良く走るので北海道バージョンの旨門スーパーワンボックスはちょくちょく追い越しを繰り返した。
 湿原に人影はまばらだった。真っ直ぐ伸びる木道を途中まで歩き、今が盛りのエゾカンゾウとヒオウギアヤメそしてワタスゲを見てまわる。湿原入口にレストランがあって、湿原に面したテラスから大きな声が聞こえてきた。馬鹿女が携帯電話で話をしている。隣には馬鹿男がいる。「穏やかなることを学べ Study to be quiet」とアイザック・ウォルトン氏が言っているでないの。いい年かっぱらってペアの馬鹿モンが多すぎる。

旨門(30p) **続きがあるから、下の点線のところをぽちっと押して読んでね!**
【“旨門根室旅(最終)”の続きがありますので、この文章をクリックし、引き続きご笑覧下さい。】

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

旨門根室旅 その四

《根室の森に遊ぶ》編

鹿が六頭

 根室は森の町だと思う。港町のイメージが先行するが、今回根室を見てまわってやはり森が育んだ海に生きる町なのだと思っている。


 旅館七重でてっぽう汁付きの朝食(勿論、おかずには生卵、のり、魚もある日本の正しい朝食内容)を美味しく頂いていると、Kさん夫婦が見送りに来てくれた。旅館の女将さんとはなじみなので席に座るとKさんたちにはすぐコーヒーが出てきた。食堂で昨晩の大宴会のことで盛り上がる。と、同時に旨門は反省もする。
 Mさん夫婦は阿寒湖・北見経由で、われわれは釧路・帯広経由でそれぞれ帰旭することになっている。一年後の再会を皆楽しみにして別れた。

 国道44号線から東梅へとひょいと入って根室の森へ行く。野外活動家にはなんなく道を探し当ててしまうが、一般人は容易じゃないと思う。もっとも昨日、ネイチャーセンターの有馬さんから、自身による道標書き込みルート地図をいただいているものだから迷いなく入れたのだ。やはり現場主義に裏付けられた情報は重要で大事だ。
根室の森の道
 薮蚊が遠慮なく来襲してくるいいところだ。このすばらしく身近な根室の自然はこの小さな薮蚊が守っているといっても多分過言ではない。
 鳥たちの囀りが喧しいくらいに賑やかだ。樹木の葉っぱで姿が見えない。春五月頃は少しは姿が眺められると思うと、二泊三日は必要になるな・・・。

旨門(30p) **続きがあるから、下の点線のところをぽちっと押して読んでね!**

   【“旨門根室旅 その四”の続きがありますので、この文章をクリックし、引き続きご笑覧下さい。】

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

旨門根室旅 その三

《根室の夜は三家蟹三昧》編

主人カニをさばく01

主人カニをさばく02

主人カニをさばく03

花咲ガニの山
花咲ガにの殻の山
 根室のK家主催歓迎パーティー(K家宅)。カニ一箱をあっという間に平らげてしまった。Kさんがこれでもかこれでもかとカニバサミで殻を剥いてくれる。昨年もそうしてくれた。

旨門(30p) **続きがあるから、下の点線のところをぽちっと押して読んでね!**
【“旨門根室旅 その三”の続きがありますので、この文章をクリックし、引き続きご笑覧下さい。】

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

旨門根室旅 その二

《エスカロップを食べ、春国岱原生野鳥公園を歩く》編 (その2)

 昼食後、根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターで自然探勝の情報を得ることにした。道の駅からセンターに向かう途中に丹頂鶴の営巣地をKさんが案内してくれた。既にそこには超望遠レンズを構えている写真家が二人いた。
 写真家に話しを聞くと、丹頂鶴は一日おきに二個の卵を産み、そのうちの一個が7年振りに雛が今年孵ったそうだ。根室は寒いので孵卵まで36日かかったという。平均より二日多いとのこと。そして、越冬は鶴居村ですることも教えてくれた。初老の写真家の方が、親鳥に一緒に写る幼鳥の写真をプリントで見せてくれた。幼鳥のぽやぽやの羽が逆光で縁取られすばらしい写真で、感心してそのことを告げると写真家は控えめに誇らしげな顔をしていた。二人の鶴写真家はとても感じが良かった。
 
 ネイチャーセンターに向かう。自然観察も情報が大事だ。ここの有馬さんにいろいろと教えてもらった。
ネイチャーセンター

ネイチャーセンターの有馬さんから情報をもらう

 この時、有馬さんがおもしろい道具を使って野鳥の鳴き声を披露してくれた。それがこの代物だ。
声が聞こえる野鳥図鑑
サウンドリーダー付きの声が聞こえる野鳥図鑑。本の隅にある特殊なバーコードをこの右の大きな修正テープみたいな機器でなぞると鳥の囀りや地鳴きが聞こえてくる優れもの。小夏さんはすっかり感激し、帰旭後すぐに購入した。

旨門(30p) **続きがあるから、下の点線のところをぽちっと押して読んでね!**
【“旨門根室旅 その二”の続きがありますので、この文章をクリックし、引き続きご笑覧下さい。】

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

旨門根室旅 その二

《エスカロップを食べ、春国岱原生野鳥公園を歩く(その1)》編

 一等最初に書いてしまうが、根室の地元の人はオジロワシはトンビぐらいにしか思っていないようだ。丹頂鶴の方がよっぽどいいらしい。そんなに丹頂がいいのかねエー!?

 別海町で出合ったのは牛数百頭、トラクター3台、牛飼い一名。16日正午頃、地元根室のK家、旭川のM家と旨門家は皆無事に道の駅「すわん44ねむろ」で合流した。丸一年ぶりのK家との再会は照れくさいもののいいもんだし、同じ旭川のM家とも何かしら会ってほっとした。
 
 旨門たちは皆より一足早く道の駅に着いていたので、隣接する自然豊かな風連湖畔でオジロワシの写真を撮ることにした。湖畔に下りる坂道の上空をハイタカが飛んでいる。

丹頂鶴
湖畔の右手のいつもところに丹頂がいた。昨年会った丹頂なのだろうか。

 オジロを探して辺りをきょろきょろしていると、突然すーっと飛んで来た。湖面をよく見渡せる一本の樹にとまった。
オジロ00


オジロI01
湖面を凝視するワシの姿

飛び立つオジロ そして丹頂鶴
飛び立つオジロ そして丹頂鶴

水面すれすれに飛ぶオジロI
水面すれすれに飛ぶオジロ

獲物キャッチ
獲物キャッチ。よくよく目がいいらしい。樹からおよそ300m以上も離れているのに。

丹頂鶴が飛ぶ
そして丹頂鶴も飛んだ。

旨門(30p) **続きがあるから、下の点線のところをぽちっと押して読んでね!**

【“旨門根室旅 その二”の続きがありますので、この文章をクリックし、引き続きご笑覧下さい。】

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

旨門根室旅 その一

《摩周の夜は寒かった》編

 7月15日の夕方、一年ぶりに小夏さんと根室へ向かった。根室の知人Kさん夫婦に会うためだ。旨門の近所に住むMさん夫婦も釧路経由で既に向かっていて、16日の正午頃に三家は根室の道の駅「スワン44ねむろ」で合流することになっている。それから根室春国岱原生野鳥公園で自然観察をし、花咲ガニなどの根室の海産物を鱈腹ご馳走になることなどを大いなる目的にした。
 この三家はそれぞれの子供たちが、幼稚園、小学校といっしょだった縁でこのような機会が続いている。多分今回限りで、根室三家合流の宴は終わりになる。根室のKさんは公務員なのでまた来年道内のどこかへ転勤になると思われるからだ。

 旨門たちは根室まで、旭川→上川→白滝→遠軽→北見→美幌峠→弟子屈→別海→根室の行程で走った。途中、摩周温泉の入口にも位置し国道241号沿いにある道の駅摩周温泉の駐車場で数年ぶりに車中泊をした。夜中に着くとそこは既にほぼ満車。内地ナンバーの車が目立った。
 
活動家の朝の食事
 活動家の朝の食事は質素なものだ。現場では食事に時間をかける余裕はない!美幌町のコンビニに購入した小さなパン(半分にして)とチーズかま一本、持参した小夏さんの実家トマト一個(これも二人で半分)そしてミルクコーヒーのみだ。
 この朝は寒くて目が覚め、疲れがとれないままボーっとしていた。寝袋に入って寝たのだが、上半身はみ出して朝を迎えてしまったようで寒かった。北海道の朝晩は寒いわ!

釧路川の橋
 すぐそばに釧路川が流れいる。この橋近くにカヌーの乗り場があるので、ここの道の駅は「川の駅」とも呼ばれているそうだ。

小夏さん朝化粧
 小夏さんがの朝化粧(厚化粧?)をしている。

別海 ポニーの母は見守る
別海のポニー親子がめんこかった
 摩周を出発し、別海町を走る。途中、矢臼別演習場を見たくて寄ったが、守衛の自衛官に「民間人ですか・・・」と大変迷惑そうな顔をされ、それもそうだなのですぐユーターンした。
 
別海 小夏さんの好きな草
小夏さんの好きな草なので仕方がなく撮る。

別海 凄い牛のおっぱいIMG
凄いおっぱいの牛発見。歩くのもやっとこのようだ。途中何度も止まり止りして他の牛の後を追っかけていた。

*****旨門根室旅は次回へと続く*****

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

旭山動物園東門は北海道の花がいっぱいだった。

 先月22日~23日まで、旭山動物園の東門のエントランスホールで、北海道で唯一行われる「第26回北海道切花品評会」の出展作品及び入賞作品を展示されていた。趣旨は道産花卉の魅力をたくさんの方々に知ってもらい、ライフスタイルに花のある暮らしの演出を提案していた。
 受賞作品と品評会で出展された全花材を使ったディスプレイの展示に、野外活動家の旨門は甚く感激したので簡単ですが写真で紹介します。

スモッグツリー
この緑のふわふわに感激しているところに、旭川の花卉卸売会社のA社長他関係者が見に来られたので伺うと、「スモッグツリー」という草木だそうだ。この花材を提供した市内末広東に住むYさんにも直接お話することが出来、道内では珍しいもので、よろしければ庭のものをお上げしますとまで上品に言ってくださり、園芸の花の名も知らぬ野外活動家は恐縮してしまった次第。

ポーチに蘭とアスパラ
ポーチに蘭とアスパラの葉っぱ。正確には園芸用のアスパラだそうで、時間が経つとパラパラ落ちてしまうのが残念だとA社長が仰っていた。

窓側の飾り
エントランスホールの窓際の見事なディスプレイ。

北海道切花品評会
第26回北海道切花品評会の出展作品。背丈の長い黄色いカラー(左から5番目)が一等賞の日本農林水産大臣賞を受賞。

スターチス
スターチス。この作品名は「ムーンライト」。まさしくでした。自分はこの北海道知事賞を受賞した花が気に入った。


umamonn 01 【旨門の独り言】
 花も絵画も無くては生きていけるが、あるともっと楽しく、美しく生きて行けるような気がした。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

生ウィンナーと弁当ウニ

 たまらなく好きだというとこの年では少々恰好がつかないが、その一つに生ウィンナーがある。これの出会いなどについては以前のブログで書いた。
 過日、地元の「有限会社すぎもとファーム」にメールで頼んでいたものが、杉本さんご自身が配達してくれたのだ。当方は不在だったが、家人の小夏さんはいろいろと話しを伺うことが出来た。その中で、昔は何人かの仲間と組織的に肉の加工品製造販売をすすめていたのだが、一人減り二人減りしてとうとう杉本さん一人が頑固にこのような豚肉の加工品の製造と販売をしているとのこと。
 頑固な人、一途な人のお陰で我々はうまいもんを食すことが出来る。感謝しなければならないなー。そして、リピーターになり、身近な仲間にこの旨さを広げなければならない、とつい思い込んでしまう。これがいいのかどうかはそれぞれだが、こういう旨いもんは皆に知らせるのが大事だと思う。どうも「旨」という字は「皆」に似ていると思う。
商品到着
商品が到着した。「生ウィンナー230g」「フランクフルト200g」「キンダーヴィルスト230g」「ハックステーキ100g×2枚」
 5日間かけて全てを食した。全ては豚肉の旨味と食感がして家族一同大満足だった。

生ウィンナーを焼く
早速、フライパンで生ウィンナーを焼く。

極上品
たまらない。プレーンの製品。バリエーションとしてシソ入りを是非製造してほしいと思っているが、そこまでの付き合いはまだないのでそのうちに相談してみることにする。

この酒で
たまたま静岡の姉夫婦から鹿児島の焼酎(左)と酒が届いたので、芋焼酎で食したがこれがまたよく合った。



弁当ウニ

 これまた去る日、小夏さんと母が大好きな弁当ウニを食べた。旨門家の夏の恒例行事。増毛の前浜でとれるエゾバフンウニ(ガンゼ)約300g入った弁当箱からシャジですくって食べるのである。
 旭川から一番近い海でとれるこの絶品は今月の20日前後で漁は終了となる。

テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

「チンパンジーの森」が楽しみ

 皆さん、ご無沙汰してます。約二週間ぶりにブログをエントリーします。
 前回の宣言を実行する前にホットな情報だと勝手に思って、我が街が誇る「旭山動物園」にこの5日からオープンする「チンパンジーの森」のことを書きます。

チンパンジーが人を見ている
こんなところが園内の道路から見える。本当は、チンパンジーたちが人を観察しているのかも・・。

坂東副園長

 副園長の坂東さんがずっと見ていた。ビデオも撮っていた。
 この時坂東さんに二つのことを聞いてみた。チンパンジーの移動方法。鉄製の柱・遊具(?)は炎天下のもとでは熱くないのか。
 これらに副園長は丁寧に答えてくれた。それは、新しいこの施設に移動する時は、麻酔をかけて車で移動したこと。それと、この施設に限らずオランウータンやクモザルなどがいる施設には鉄製の柱などがあるが、表面を特別な樹脂で加工してあって、触れないほどの熱さにはならないのだそうだ。

好奇心いっぱいのチンパンジー


透明なドームの上で
ペンギン館のように画像の下の透明なトンネルを人が歩き、すぐ頭の上のチンパンジーを観察できるのだそうだ。


賑わう園内
毎日賑わう園内。向こうの建物が「チンパンジーの森」の一部。

アムールヒョウのモニュメント
東門すぐそばにアムールヒョウのモニュメントが作られている。

旭山動物園東門の早朝
旭山動物園東門の早朝


テーマ:旭川/道北地域のネタ - ジャンル:地域情報

このページのトップへ

FC2Ad

旨門かわら版

マウスを合わすと画面が止まります。
青字をクリックすると画像等にリンクします。


★☆★ あれこれ ★☆★
▼06/08(金)▼録画してあったラグビーのパシフィックネーションズカップ「日本代表対フィジー代表」戦を観た。結果(日本19-25フィジー)をしていて観るのは興ざめするが、この試合はそんなことはなかった。
ラグビージャーナリストの村上さんのブログから引用するが、「日本の現在地を知るうえで貴重な機会となったが、やはり、立ち上がりは日本代表選手の突進に対してフィジーのコンタクトが上回り、ボールを抱え込まれてターンオーバーをされるなど、攻撃を寸断されるシーンが相次いだ。それでも、日本代表は粘り強く攻めた。その姿勢に観客席も熱くなる。フィジーの反則を誘っては、FB五郎丸歩がPGを決め、19分の約50mの距離あるPGが成功した時の観客の盛り上がりは感動的ですらあった」のでした。やっぱり五郎ちゃんが最高!!!
体が大きくパワフルなフィジー選手相手に頑張ったと思いますが、まともにぶつかっていっても弾き飛ばされるし、ブレイクダウン(ボールの奪い合い場面)では相手の腕力で押さえ込まれて反則したり、ジャッカルされたりしていた。パワフルな相手と小粒な日本選手との差をどのように縮めていくのか新生ジャパンを楽しみにしていきます。
▼06/07(木)▼昨日、寛仁親王殿下が御薨去された。これまで長年、癌などで入退院を繰り返されてこられたが、とうとう力尽きてしまわれた。謹んで哀悼の意を捧げご冥福をお祈り申し上げます。
「ひげの殿下」には直接お会いしたこともないのだが、様々な形で自分は殿下の見識を垣間見たり、女性や女系の天皇も認める政府の有識者による報告書に異議を唱えられたこと、スキーを通じ身体障害者への分け隔てなく尽力をされていること障害者の親戚MSから聞いていたので、勝手に親しみを覚えていた。畏れ多いが一緒に酒を飲みたいとさえ思ったことがある。

今日から約一週間、母は山梨と静岡へ一人で遊びに行った。一人で切符を手配して。自分は旭川空港までの送り迎えだけの手伝いのみだ。元気な九十歳の母に感謝している。
▼06/06(水)▼会社が休みだったので、小春さんと愛山渓に行った。目的はクマゲラとコマドリに逢いたくて。けど、逢えなかった。小春さんは蕗の良い物を十本ほどいただき、山道をゆっくり車で降りていた時、凄い雷雨。帰りに愛別町の「協和の里のもち工房 愛ふくふく」で豆大福とよもぎ餅そして豆の伸餅を購入。店を出た途端、また雷雨。強い雨であたりから埃くさいような匂いがしてきて、懐かしい気分になった。そして、大きな雨粒が逆光に映え、銀の雫となって眩しいほどに美しかった。
▼06/05(火)▼日赤へ二ヶ月に一度の定期検査。先日の成人病検査で腫瘍マーカーの消化器系の値が若干基準値よりオーバーしていたので、主治医に相談したところ、六年以上大腸の内視鏡検査をしていないのだから検査をしたほうが良いとなり、消化器の先生へ手紙(院内メール)を書いてくれたので受診。綺麗な女医さんだったので素直に質問に答え、検査を受けることにした。
▼06/04(月)▼祖母チカさんの祥月命日と護国神社祭の宵宮だったので、家族三人でささやかに雲丹などの刺身を摘みながら夕食を済ます。
▼06/03(日)▼今季未だカワセミの姿を見てないという小春さんのために(こんな書いてる自分もそうなんですが)、カワセミポンドへ向かいました。
車中で小春さんに、昨日の夕方、ホトトギスの囀りを例の河畔林で聞いたことを告げました。姿は確認してないけど「特許許可局」「テッペンカケタカ」と確かに鳴いてホトトギスと思ってるけど、北海道には殆どいないと何かに書いてあったと思うけど・・・と言うと、早速、車に積んである北海道の野鳥の本で調べてくれました。やはり、掲載されていないので、ホトトギスはいないんでないかいと話しをしていたところ、偶然聴いていたNHKラジオの日曜あさいちばん『季節のいのち』で 、 日本野鳥の会の主席研究員である安西英明さんが「ホトトギス」を取り上げていました。ホトトギスは鶯に托卵する習性があり、いち早くオスがやって来て囀りまくり鶯がいるところに縄張りを作るのだそうです。(ふむふむ、ホトトギスが托卵することはどこかで勉強したことが・・・)。
囀りが何度も流れたのですが、似ているけどちょっと違う、けどやっぱり似ていると言う自分に小春さんは大いに同調してくれました。遂に北海道で初めてホトトギスの囀りを聴いた男なのかもしんないと思い込んでしまいました。けど気になるのは、昨日は周りから一度も鶯の囀りは聞こえなかったなぁ・・・?遠くのカッコウは聞こえたけど。

カワセミポンドで二人はかなり粘ったのですが駄目でした。それでも、五羽のキセキレイ一家(多分)の様子を観察しながらコーヒーを沸かして飲んだり、それなりに宜しい時間を過ごすことが出来ました。
昼食を済ましてから、ホトトギスがいる河畔林に行きました。旭川で初めてホトトギスの写真を撮った野外活動家になるんだなlっ、多分俺は・・・ヒヒっ。
同じ場所で囀りが聞こえて来ました。どうだ!すごいべっ!と自慢し小春さんとハイタッチ。およそ10分間隔で囀っています。最初立ち木の下の方から聞こえ、その後、イタドリの茂みの中から聞こえて来ました。しかし、一向に姿を見せない。ブヨがしつこいし、暑くなってきたので今日のところは帰宅することにしました。
アサヒのノンアルコールビールを飲みながら、北海道護国神社例大祭の御祭礼旗を立て終え、シャワーを浴びてからパソコンでホトトギスの囀りを調べました。あれれホトトギスは「特許許可局」の語尾が下がらない。一方の私たちのホトトギスは下がる。なんと名は聞いたことがある「エゾセンニュウ」という野鳥があそこで鳴いていたのでした。「やっぱ、うんなわけないよなっ・・・」。勝手に思い込んで一人悦に浸るならまだしも、ブログで大々的に「ホトトギスー北海道で初撮影」なんて記事をエントリーして自慢したくなっていた自分は本当におっちょこちょいですわ。
けれども、エゾセンニュウの姿を生で観てみたいもんです。
▼06/02(土)▼以前読んでそこら辺に置いといた本を探していたら、一度も読んでない本が五冊も見つかった。いい加減だから積みっぱなしの本の間に紛れていた。
▼06/01(金)▼月始めは忙しいもんだ。


このインフォメーション機能は、「ごんちゃん」ことごんたろうさん作のプラグインで、小ブログで使わせてもらっています。カスタマイズも比較的簡単にできるので、皆さんも取り入れてはいかがですか!

プロフィール

旨門(うまもん)

Author:旨門(うまもん)
 不肖、「旨門」と申します。生まれも育ちも北海道は旭川市です。高校卒業後、夢にまで見た花の東京で四年ほど人生勉強をすることができました。齢五十代後半にはいり、既に孫三人に恵まれ、今年八月にはもう一人誕生する予定です。孫はメンコイ。
 趣味はラグビー観戦。社会人チームではトップリーグチームの「ヤマハ発動機ジュビロ」を、大学は早稲田のファンです。
 また、デジカメ持参で野山に遊ぶことも楽しんでおります。小動物との出会いが楽しみです。数年前からエゾユキウサギとホシガラスを撮りたくて活動しています。羆は怖いので挫折しました。
 (ブログに掲載している画像の殆どは、トリミング、サイズの変更、明るさとシャープさの調整をしています)。

(平成24年5月25日記)

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

旨門の「気にして!キーワード」

固有名詞、単語などから直結リンクのエリアです。
掲載のキーワードをクリックすると、このブログや旨門のブログ仲間の記事へリンクします。

■動植物
ナキウサギ
エゾリスエゾモモンガエゾオコジョ
(Special thanks Mrs.Ezomomonga)
ねこ(Special thanks SANTA)
■お気に入りの場所
ふらりーと
春の終わりの「山遊山」
夏の終わりの「山遊山」
晩秋の「山遊山」
北大苫小牧演習林
■郷土のキーワード
旭山動物園
■食べ物
「カレープ」(by Umalog)
がたたん チャーハン
がたたん ラーメン
すぎもとファームの生ウィンナー
すぎもとファームの案内
マルトマ食堂ホッキカレー
イバラエビ
プリン(Special thanks Pudding-TaBa)
■飲食店
芦別名物"ガタタン"の「宝来軒」
イタリヤ料理「仁泰(きみひろ)」
居酒屋もんく
インド料理「ヒンディヒップスター」
肉料理「プチハウス」
ビストロ「エスプリムートン」
マウレ山荘
「ミクニ サッポロ」
鴨料理屋「呂尚」
ファームレストラン「マッケンジーファーム」
■その他
秋川雅史「美幌峠」

全記事(数)表示

**全タイトルを表示**

月別アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

ブログ内検索

お気に入りのサイトです!

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

今日はどんな日?(時計機能付)

クリックすると、クリックした当日の歴史上これまでに起きた出来事、記念日等が表示されます。

(Designed By Seedleaf.)

RSSフィード

このブログのQRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。